銀行だけじゃない!最低限抑えておくべき世の中にある資金調達手段

資金繰りの種類

皆さんは資金調達と聞くとどこが思い浮かぶでしょうか?

ここで、大半の人はまず銀行と答えると思います。

実際に、世の中の半分以上の人は銀行から資金調達をしているので、このイメージはあながち間違ってはいません。

ただし、自分がいざ経営者になってみると、やはり銀行だけから資金調達していては心許なく、いろんな手段がないと経営に不安を覚えるようになります。

そこで、ここでは銀行以外の資金調達方法についても伝授しておきます。

銀行以外の資金調達方法とは

いろんな書籍やネットで既に紹介されているのでご存知の方も多いとは思いますが、ここで改めて整理しておきましょう。

ここでは一般的に知られている方法やそれ以外のマイナーな方法もあるので、ここで抑えておくと必ず将来役に立つと思います。

ベンチャーキャピタル

中にはエンジェル投資家のように、小規模な投資を専門にやってる方も多いですが、そのような投資家もここに分類されると思います。

ベンチャーキャピタルというのは出資金をもらう事で、資金を提供してもらい、代わりに株券を発行して渡す事を指します。

この時、株券というのはまだベンチャーなのでほとんど価値がないものですが、将来的なビジネスの成長を見越して、あらかじめ安い時に株券をたくさん持っておきます。

そのベンチャーが奇跡的に上場等をはたすと、その株券は一気に価値が跳ね上がり、その投資家は一気に大金もちになります。

このような将来の収益を見越して、あなたには出資金が入ってきます。

逆にいうと、そのような将来のビジョンが描けない限りは、ベンチャーキャピタルはあなたに見向きもしてくれないと思います。

補助金や助成金等の制度

これは、条件さえ合致すればとてもおいしい制度なのでぜひ抑えておいてください。

主に政府や自治体が設けている制度で、何かの地球のためになる活動や、地域の活性化につながるビジネス活動であれば、お金を出して上げてもいいよ、というものです。

これは比較的審査が緩く、条件にさえ当てはまればお金を受けとる事ができます。

しかも、多くの場合は返済不要なので、つまりお金がもらえる事になります。

こんなにおいしい話はありませんよね。

ただし、ネックなのはその条件は比較的狭いため、なかなか条件がハマるところを探し辛いというところと、その金額は比較的少ないというところでしょう。

あくまで、気持ち程度と受け取った方が無難だと思います。

ビジネスローンの利用

あまり知られていませんが、ビジネス用途で使えるビジネスローンというものがあります。

我々がローンと聞くと大体は家だったり車を想像しますが、これをビジネス用途でも使えるようにしたもので、本質は同じです。

最近では、ビジネスローンの利用であれば即日で資金調達できるところも増えてきているので、もし1日も早く資金が欲しいなら利用しない手はないです。

ただし、手数料が比較的高いのがネックですね。

ファクタリングの利用

こちらもまだまだ日本ではマイナーな資金調達の手段ですね。

あなたがもし売掛金、つまりツケ払いを許してしまった場合があるのであれば、あなたはファクタリングを利用する事ができます。

ファクタリングとは、簡単に言うと売掛金を担保にお金を融資してもらう事です。

この手法は最近日本で始まり、爆発的に利用者が増えている人気の手法です。

その手数料はやはりビジネスローンと同等レベルで安くありませんが、こちらも最短で即日支払い、という業者も増えてきているので時間を求めているのであれば選択肢の1つになると思います。

最終手段:知人からの借金

あまり個人的にはオススメしないので、あえて最後に書かせて頂きました。

もしあなたがコネクションがたくさんあり、しかも上記で挙げた資金調達手段が断れて後がない!という事であれば、最終手段として知人に当たってみましょう。

ここで最大のネックなのが、やはりお金が絡むと人間関係は複雑になってしまうので、できるだけ慎重に、かつあなたが信頼しきった相手にのみ頼る、という人選が大事です。

最悪の場合、そのお金をだしに揺すられたり、ビジネスのアイデアを盗まれたり、とんでもない嫌がらせを受けたりという事例も多数報告されています。

場合によっては、親族もありだと思います。

あまりお金を持っている可能性は低いですが、親族であれば最悪もめた時でもあまり大事になる可能性は低いです。

大事なのは、あなたの熱意を伝える事です。

世の中のためになる!という事が相手にも伝われば、聞いてもらえる可能性は高いと思います。