一言で銀行融資と言っても種類は様々|その種類について紹介します

銀行融資について

今まで銀行融資の話を繰り返ししてきましたが、一言で銀行融資と言ってもその内容は様々です。

ここではそのそれぞれのタイプについて紹介していきましょう。

これらは、なかなか普段銀行と付き合いのない人は違いがイメージしにくいと思います。

簡単にそれぞれの特徴について紹介していきましょう。

銀行のタイプについて紹介します

都市銀行

まず、銀行と聞いて真っ先に思い浮かぶのは都市銀行だと思います。

これは県庁所在地など、都市部にのみ本店や支店を構えている銀行の事を指します。

これは、みずほや三井住友銀行などだけではなく、全国にある都市部に存在する銀行全ての事を指します。

まずは、大規模な案件であればこちらの都市銀行に頼む事になると思うのですが、やはり大規模な案件となるとその審査は厳しく、多ジャンルに及びます。

なので、相当な時間と体力が求められるので覚悟しておきましょう。

原則としては、やはり断られる事を前提にしておいた方が良いという事です。

なぜかというと、これらの案件は非常に時間が長くなり、しかも審査の通過率は高くないからです。

このような案件に体当たりして、絶対これでいくぞ!と意気込んでしまうと、それで審査に落ちたときの衝撃は凄まじく、体力や資金的にリカバリーが効かなくなってしまいます。

なので、少し落ち着いて、受かったらラッキーくらいに考えておいた方がリカバリーしやすいかもしれません。「

地方銀行

都市銀行と対比的な存在なのが地方銀行です。

こちらは、地方と言っているだけあって、その土地に住むローカルの人たちのための銀行、という意味合いが強いです。

これはなぜかというと、やはり地産地消と一緒で、その土地に住む人々は自分が住む街をできるだけ活気づけたい、という意欲があるのが普通です。

そのため、これらの銀行で働く人たちは基本的には、私の街を活気づけてくれるんだったら、資金的にサポートしますよ、というスタンスでむいてくれます。

もし、あなたの事業が地域活性や復興などをメインにしているのであれば、真っ先にこちらの地方銀行に頼ってみましょう。

きっと力になってくれるはずです。

ただし注意なのは、やはり地方銀行は都市銀行と比べて資金力については劣っているので、あまりに大規模な案件だと祈入れてくれない場合もあります。

その場合は、都市銀行へもサポートを依頼してみましょう。

信用金庫

信用金庫って本当に何のために存在するのかよくわかりませんでした。

銀行がこんなにたくさんあるのに、信用金庫ってなんのためにあるの?

と不思議に感じていた方も多いと思います。

しかし、これもビジネス的な観点で考えると少し違いが見えてきます。

それは、地方銀行がある地域でのビジネスを扱っているのに対し、信用金庫の範囲はさらに狭く、基本的にはXX県など、ある都道府県限定でビジネスを展開している事がほとんどです。

さらには、その中には信用組合といってさらに範囲を狭めて扱っている組合もあり、これは県内でもXX地区など、さらに的を絞っています。

要約すると

以上、3つのタイプの銀行を紹介してきましたが、まとめると下記につながると思います。

地域のその的を絞れば絞るほど、地域密着型のビジネスを意味し、資金的には規模が小さくなります。

一方で、都市銀行になるほど、全国規模でのビジネス展開を意味し、資金的にはもっと大規模になります。

これが、基本的な思想と思って頂いて構いません。

だいぶ、銀行ごとの違いがわかってきましたでしょうか?

また、あなたの展開するビジネスにどれがむいているかも、基本的にはこの思想で考えればおそらく最初のアクセスすべき銀行がどのタイプが分かってくると思います。